車廃車の手続きと費用のワナを暴露

車を廃車にする手続きや費用を知りたいですか?

車を廃車にする悩み 本サイトは、車を廃車にするにあたっての手続きや費用を知りたいという方のみこの先をご覧ください。車を廃車にする手続きや料金のワナの暴露に入る前に、まず最初に車を廃車にする方法を解説したいと思います。

車を廃車にする手続き

車を廃車にするのは以下のような場合です。

・一時的に自動車の使用を中止する場合
・自動車が使用できなくなった場合(解体、盗難や災害等)

車を廃車することを、正式には抹消登録といって、手続きは、現住所(使用の本拠)を管轄する運輸支局で行う必要があります。運輸局の場所や対応時間は運輸局のホームページをご確認ください。

廃車手続きには、廃棄(解体)を行う場合と、再使用等(売買等)を行う場合で、手続きの種類が下記の4つに分かれています。

一時抹消
自動車を一時的に使用出来ないようにすることをいいます。運輸支局や自動車検査登録事務所へ自動車のナンバーを返納する必要があります。自動車を解体する必要がなく、その後、車検を通過できれば、いつでも再度登録してナンバーを取れば乗れる状態にすることができます。ただし、車検の有効期間がある車両を一時抹消する場合には、残りの車検有効期間は破棄することになってしまいます。

永久抹消
永久的にその自動車に乗れないようにしてしまう廃車手続きのことです。自動車は解体することになるため、もう乗ることはできません。

解体届出
再度乗れるようにと一時抹消していた車を解体する手続きです。一時抹消後解体届出をすると、永久抹消と同じことになります。また、一時抹消登録を行った後に「自動車リサイクル法」に基づき適正に解体を行った場合は、解体届出を最寄の運輸支局に届け出る必要があります。

輸出抹消仮登録
自動車を輸出する場合に行う手続きです。


これらの手続きの方法は、運輸局のホームページを見たうえで、実際に運輸局に行って受付担当者と相談しながら進めるのが良いでしょう。色々ホームページで紹介しているサイトもありますが、細かい手続きの方法については毎年見直しが行われていますので、最新情報は運輸局で確認して進めていかないと、折角準備しても全てやり直しということになりかねませんので注意が必要です。

それでは、廃車にするための費用はどのくらいになるでしょうか?

届出書類の費用
運輸局での書類提出の際に数百円程度かかるのが相場です。運輸局に行くまでの交通費と時間もかかります。

解体費用
解体費用は、車種によって異なりますが、数万円程度と考えておけば大丈夫だと思います。

自動車のリサイクル料金
自動車リサイクル法が施行された平成17年1月1日以降が施行され、車種ごとに決められた自動車リサイクル料金を支払うことが義務付けられました。 この自動車のリサイクル料金は、平成17年2月以降に車検を通過した車の場合は、車検時に徴収されているので廃車時には費用は発生しません。相場は、だいたい普通車で1万円前後、外車の場合2万円前後を目安となると思います。

このように、車を廃車にするためには、手続きが色々あって面倒であることやある程度お金がかかることは理解できたでしょうか?

でも、このまま車を廃車にする手続きを進める前にまだやることがあります。それは、どんなに古くボロボロであっても、事故車であっても車は売れる可能性があるということです。

通常、車を買い替える場合はディーラーが下取りしてくれたりしますが、ディーラーが下取りすらできずに、処分にお金がかかりますと言っている場合でも、売る方法があるのです。

それは、車買取一括査定依頼サイトに登録し、複数の中古車買取業者から査定を受けて一番高いところに売るのが良いことです。ダメもとでも良いので、早速車買取一括査定依頼サイトに登録し複数の中古車買取業者へ査定依頼をしてみましょう。車買取一括査定依頼サイトも複数登録した方が、多くの中古車買取業者から査定依頼が来ますので、最低2つ以上は登録することをお勧めします。



ズバット車買取
言わずと知れた車一括買取No1のサイトです。有名な車買取店を豊富に抑えているので登録必須です。

かんたん査定ガイド
ズバット車買取でカバーされない車買取店をカバーしています。是非一緒に登録しておきましょう。

カーセンサー.net簡単ネット査定
最後の一押し、あと少しだけ高く売りたい!という時に抑えておいて損はないです。

トラック王国
大型車、重機などトラック系の車種を売るならここがベストです。



あなたの車も廃車にするのではなく、この方法で売れることをお祈りしています。